遠方からのお客様

 

この記事を書いている人 - WRITER -

数ヶ月前にメールでアポイントを取り、関西ツアーのタイミングで我が工場にお客様がお越しになって下さいました。

その方は「かわはら薪ストーブ本舗」の川原さんです。

川原薪ストーブ本舗HP

いやー 川原さんのブログは4年前自社工場に薪ストーブを導入した頃知ったので、メールで連絡して実際にお会い出来るか分かりませんでしたが、時間を調整して頂きお越し頂き感謝です。

他者評価

私が作った薪ストーブは、以前使っていた市販品の不満点を解消すべく作ったので、

薪の燃焼が遅く、多彩なお料理が楽しめ、発生した熱を沢山お部屋の暖房に使えるなど自己採点は高めです。

しかし、作った本人が良い物だと思ってもバイアスが掛かっているので冷静な目で製品の評価をするのが難しいです。

そんな中、他者評価を受けたいと思ったので、薪ストーブにとても詳しい川原さんに見学して頂いた上で感想を伺う事が出来ればと思いました。

 

ブログを拝見する限り、多種多様な薪ストーブを見ているだけで無く、揺らめく炎が大好きなんだと感じていましたが、実際にお会いした感想はブログの印象そのままでした。

商品の知識だけで無く、なぜその様な状態が発生するかと言う理由も鋭い洞察で検証して行くので、どのようなジャッジが下されるのか戦々恐々でした。

 

ぶっちゃけ、興味を引く製品じゃなくて速攻で帰ってしまったり、ぼろくそにダメだしされたら僕のガラスのハートは粉々に砕けてしまうのでマイナス評価を恐れていたんですが、製品は誰かに評価されてこそ一人前なので専門家による他者評価ってとても大切なプロセスだと思い勇気を出して評価して貰いました。

結論

一番大切な燃焼に関する評価は「良いですね」との評価を頂きました

評価が真逆だと、指摘事項を改善するまで終わりの無い改善と計測の無間地獄に突入するつもりだったので、ほっと胸をなで下ろしました。 

勿論すべて良い訳では無く、細かな改善点はあるにせよ、一番大切な燃焼機構に関する私の勝手な自負はおっさんの自己満足では無かった様です。  

猛暑の中での燃焼デモは、冬に比べ条件が悪いにも関わらず良い感じで燃え続けてくれました。

 

次期主力機種

今まで商品ラインナップは丸型の薪ストーブ1種類でした。

けれど大きいのである程度お部屋が大きくないと導入出来ないし、空気導入口が扉の間に設置しているのでこれからの時代必須な外気導入に対応出来ていません。

今まで丸型を見て貰った友人達から、もっと小さめのストーブもあった方が良いんじゃ無い?などとアドバイスを貰っていたのですが、ゼロから新機種を作るって膨大な労力が必要になるので適当にお茶を濁してうやむやにしていました。

参考になる物が有って改良して行くのは容易なんですが、大きさやデザイン燃焼機構などゼロから作り出す時って、自分の中で参考となる手がかりが皆無だから悩みが連続で発生するのです。

商品開発とはそんな物かも知れないけれど、思いつきを図面に書き起こし、修正する行為を気が遠くなるまで繰り返します。

 

そんな中6月に新機種製作の気分が発生し、模型作りからスタートして図面を書き起こしました。

今回は丸型のネガを解消すべく、大きさは2/3くらいにして一般的な住宅でも導入しやすい大きさで外気導入対応を盛り込みました。

 

新作模型も見て貰ったのですが、幾つかアドバイスを頂くと同時に大きさやデザインなど概ね評価を頂きました。

今回の工場訪問に新作の設計が間に合って色々お話しする事が出来たのでラッキーでした。

まとめ

今回は、初めて薪ストーブの理論に関する込み入ったお話しをする事が出来たので楽しかったです。

そして、自分では気付かない細かな注意点を教えて頂き本当に感謝です。

指摘して貰った内容は重要な物から対応して行くので、今より一層良い物が出来上がると思いました。

そして、遠路はるばるお越し頂き有り難うございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© himiel stove , 2018 All Rights Reserved.