40代英語再入門。4ヶ月経過報告

 

この記事を書いている人 - WRITER -

前回英語の記事を書いたのが4月7日。約4ヶ月が経過しましたが、病気や旅行以外は毎日勉強を継続出来ました。

継続できる秘訣は楽しんで学ぶ。  その為に適切な負荷を自分で調節出来なきゃダメだけど、出来る様になれば自分でも驚く程積極的に学びを継続出来る様になりました。

結局は自分次第

ネットを検索すればそれこそ星の数ほどの手法と先生にヒットします。

斜めから見た感想だけど、それだけ需要があるのに達成出来る人が少ないので教えることを提供する側から見ると結構美味しい話じゃ無いかな?

どんなに効果のある手法でも、生徒の能力や熱意は絶対分散しているし、結果は生徒の責任だから

無名の先生でも知名度を上げようと思えば、基底能力の高い生徒を無料モニター若しくはお金を払って集め実績を作って集客すれば、

楽して成果を上げたいと思う人をそこそこ集められるのでは無いでしょうか。

これって、お見合いサイトで会員を増やす為、高スペックイケメンや美人が無料と言うのと同じ理論ですね。

 

話がそれちゃったけど、ちょっとやって見て出来ない自分に言い訳して、学びを止めることは簡単だけど、

そこで終わっちゃうと惜しいと考える僕の貧乏性が良い方向に作用して、何とかギリギリ継続出来るレベルまで難易度を落として勉強を続ける事が出来たのが今年の4月でした。

 

時間が無いのは皆同じ

毎日忙しい中、じっくり勉強に費やすことの出来る時間を捻出するのが難しかったので、4月からあれこれ試して自分に合う物を探しました。

まず最初にやったのはオンタイムでラジオ講座を聴くことです。

僕は基礎英語3を聞いていますが、去年まで1週間前のストリーミングを通勤で聞いましたが、自由な時間に聞けるメリットが悪い方向へ作用して、しんどい時や気分が乗らない時は全く手を付けることが出来なかった。

その反省から今年度はオンタイムで聞いています。 丁度6時30分に始まるので、ラジオを聞いてから朝食をとり仕事に出るようになりました。

ラジオをオンタイムで1度聞いただけでは身に付かないので、スキッドを丸暗記出来る様1日分のフレーズをコピーして、英文だけ切り取り手帳に挟み込んで隙間時間に手帳を開いて1日の文章を暗記します。

夜には概ね暗記出来ているんですが、翌日には半分以上忘れ、1週間後にはほとんど忘れているけれどとにかく4月から今も毎日暗記を継続しています。

文法の大切さに気付いた

今まで英文法がさっぱり分かりませんでした。

5文型の意味は勿論、形容詞、副詞、 目的語の意味すらさっぱり分かりません。

だから基礎英語のスキッドも英語の歌詞を覚えるように頭ごなしにひたすら呪文を唱えるように単語の意味を繋げて覚え込んでいました。

暗記作業も3ヶ月目に突入する頃、言葉の並び方に何だか規則性があるんじゃないの??

そんな事をおぼろげながら感じたので、10年以上昔に買った中学英文法の参考書を開いて読み直すと・・・・めちゃよく分かる!

 

英語って規則に沿った語句が並んだ言葉と良く言われていますが、今までさっぱりなんのこっちゃだったのが、中学レベルだけど英文法をやり直すことで

暗号のように意味不明だったアルファベットの羅列が、規則的に並ぶ文字の塊に見えるようになったのです。

 

基礎英語にちょい足しでDUO3.0を使い語彙の補強をしているんですが、主語と動詞がくれば他動詞なら名詞及び名詞句などの目的語が入るし、不完全自動詞なら名詞か形容詞が続くのを知ったので分からない単語が来ても何となく想像で文章を理解出来る様になってきた。

 

英文法は河村操さんのブログを読んで一丁勉強してみようかと思ったんですが、最初ブログを読んだ時は「なんか小難しいことを長々と書いているな」くらいの認識でした。

けれども、今になってもう一度ブログを読み直すと「ホンマその通りじゃ無い!」 と認識が180度変わりました。

操さんのブログに感謝です。

 

お金を払って人に勉強の方法を教えて貰うのは時間の節約に有効だし、オーダーメイドで弱点を補強してくれるから大いに有効活用すべきだけど、自習だけでも十分英文法を理解する事は可能でした。

英文法の参考書は、めっちゃ初級の奴で十分なので一目見て瞬間で分かるレベルまで何度も復習する様にしています。

 

英語を感覚で分かる人もいると思うけれど、40歳を超えた自分が今更感覚で覚えるなんて絶対に不可能なので、4月以降に英文法を勉強するようになったのはラッキーです。

集中できる時間は限られている

40代も半ばに差し掛かり、年々集中力の衰えを実感するので何とか集中出来る時間を作ろうとテストを繰り返しました。

そして行き着いた唯一の答え、それは 早起きです。

昼間は結構労働強度の強い肉体労働に勤しむ私は、帰宅してから勉強しようと思っても頭がボッとして暗記する事が出来ません。

なので、疲れて居ない朝に暗記分野の勉強時間を取るように生活パターンを変えてみました。短くて30分、長くて1時間位机に座ることを心がけ早起きするようになりました。

 

早起き出来る様になったのは、朝晩ジョギングするようになってからなので運動も結構勉強に必要なプロセスなのかも知れません。

ジョギングを始めるきっかけは、デブになった僕にダイエットの神様が降臨したからです。

 

圧倒的に少ない勉強時間を補う

ヒアリングがスゴク弱いので、ヒアリングの補強に通勤時間車の中で、スマホを使いVOAニュースを聞くようにしています。

最初は何を喋っているのかさっぱり分からないまま、とにかく継続すると7時30分から始まる英語学習者向けのゆっくりした番組が想像6割だけど何となく分かる様になってきた。

以前は全く理解する事が出来なかった、トランプさんが最高裁判事を指名したとか、サンクスギビングの花火で毎年けが人が出るとか、日本のメディアには乗らないニュースを何となくだけど理解出来ることが嬉しい。

 

まとめ

継続は力なりって良く言いますよね。 まだまだ初心者レベルだけど4月の自分と比較して英語の理解力は確実に向上しています。

毎月必要な費用は基礎英語のテキスト代¥486だけ。

後は生活習慣を整え、自分のレベルに応じた負荷を自分で設定して継続すれば誰だって成果は出るんじゃ無いかな?

僕が自習でここまで出来る様になるのに4年を費やしたから、結構遠回りだったかも知れないけれどどんな科目でもある程度自習でマスター出来る手法を身につけたので決して無駄な時間では無いと思います。

 

その証拠に、今までさっぱり分からなかった高校数学や高校物理など教科書を読んだだけで大部分を理解出来るようになりました。

個人的な感想ですが、最強の武器の一つである読解力が10年前と比べ向上したように感じます。

 

長々と文章を書きましたが、言いたい事は「学ぶって楽しい」 そう思える今が幸せです。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© himiel stove , 2018 All Rights Reserved.