ヒミエルストーブ

特許取得済 cyclone stove®の記事はこちら

全てのスケジュールを終えて寄り道しながらの帰宅

 
この記事を書いている人 - WRITER -

鳥取での打ち合わせを終えた後、鳥取でスイカを買ってきてと頼まれていたので道の駅を奥様に教えて頂き立ち寄りました。

鳥取って瀬戸内では考えられない位激安な鮮魚が沢山売っていたのでびっくりです。

今から旬に入る大きな岩ガキ、サザエ、ブリ、イカ、どれも姫路の半分~2/3くらいの値段で何を選ぼうか迷うくらいどれも良かったです。

結局手持ちのクーラーバックに入る大きさのトレイを基準にぶりの刺身と大きなカマ、スイカにお野菜を買い鳥取を後にしました。

 

道草

鳥取道を南下して中国道に向かう途中トイレ休憩に泊まったPA付近にあった建物。

煙突のレイアウトに興味が有ったので吸い寄せられるように中に入ってみると、シーズンオフなのかストーブ本体は移動されて煙突だけでした。

煙突と梁が接触する場所は、梁を煙突の形にえぐっていたのが凄い!

棟木の辺りにシロッコファンが接地されており、天井付近に集まる暖気を床面へ循環させるシステムが付いていました。

 

この様に他の人が施工した工法を見るのは結構勉強になるから、休憩ポイントで煙突を見かければ可能な限り見学します。

西粟倉村にて

ちょうど西粟倉の辺りでお昼になったので、この地では結構有名な油谷さん”ablabo”の店舗へ直販油を買いに行きました。

オーナーとは数年前、油の濾過器をオーダーで作ったのがご縁でお味噌用の大豆調達をお願いしたりしているのですが、対面で会うのは多分2~3年ぶりかな。

油圧プレスを使った圧搾絞り油は種子の香りが残る他にはない上質な油だと思っています。

毎週金曜日は店舗で直販しており、驚くほどリーズナブルな価格でゲットできるから超お勧め。

僕はごま油を450g買いました。

 

そしてランチは近所にある予約なしでは入店困難な人気店「あるの森」さんに立ち寄ってみたら、幸運なことにカウンター席を確保できたのでグリーンカレーセットを頂きました。

 

平日のランチタイムでも結構な人数のお客様が入っておりテイクアウトの仕込み等でスタッフの方たちは忙しそうにされていました。

 

まとめ

去年まで、仕事が終われば一目散に工場へ帰宅していました。

しかし、せっかく遠方に移動しているのであれば地域のごはんや買い物を楽しもうと思う様になり今年に入ってからのんびり寄り道しています。

 

今年の納品は県内が続くけれど、それでも自分が知らない土地に行くので寄り道に精をだしてミッションを終えた自分へのご褒美に自由時間を満喫したいと思っています。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© himiel stove , 2021 All Rights Reserved.