ヒミエルストーブ

特許取得済 cyclone stove®の記事はこちら

SD01 堂々の納品完了

 
この記事を書いている人 - WRITER -

前回のブログではお部屋へ搬入して作業が終了しました。

そして翌朝、予定では朝から全開で設置の筈が真夜中から続く土砂降りの雨が止まずに足止めを食らっちゃいました。

室内側の準備

雨が止むまで、室内で出来る準備に取り掛かります。

先ずはレーザー測定器で正確な屋根高さを測定して煙突のバンドを止める位置を割り出します。

前日から物凄く気になっていたんですが、図面で要求していたチムニーボックスの高さより200mm実際の仕上がりが低いことが判明したのと、取り付け金具を固定する下地が2面しか入っていなかったので取り付け金具の加工が必要になりました。

 

金具を壁面に固定する部分は全長300㎜で仕上げているんだけど、水上の固定可能寸法が200mm程度なので現地にて追加工に着手します。 このような場面で図面と異なる現状に文句を言っても作業は全く前に進まないので、僕は出来る範囲で気軽に対応するようにしています。

サンダーで金具を切断し、強度に不具合が出ないようブレスをねじ止めで固定。

後は金具の水平を確認して屋根の上で煙突を組み付けて行きます。

チムニーの中には断熱の為、ケイカル板を敷き込み、その上にイソウール断熱材を50mm敷いてチムニーの結露による漏水を防止します。

そして煙突の仕上がりがこちら。

本当は煙突の飛び出しがもっと少ない設計だったけど、チムニーが低いので今回はこの形状で納めました。

屋根の上は屋上緑化の為に土を敷きこんで草が生えており、真夏でも室内側の化粧野地板は熱くならないそうです。

 

オーナーこだわりの住宅

石場建ての家だけでも珍しいのに、ソマと呼ばれる斧や手斧で木材を仕上げる大工さんが建築した家は僕が過去に見た中でダントツにおしゃれな空間でした。

2階に使用している特徴的な梁ですが、機械で仕上げていない斧の槌目がデザインになってすごくカッコいい

その上に下屋の桁が乗っているですが、一切金物を使用しない木組みと木栓で建前が仕上がっています。

家の周囲は3尺位の庇が伸びて土壁に雨が当たらない&夏の直射日光を遮る様になって、大きな窓は全てペアガラスになっていて目の前の雄大な景色を楽しめるようになっていました。

下屋の柱は近所で討伐した自然木の皮を剥いで、曲がりが異なる柱を大工さんが1個づつ仕上げてます。

そして全ての壁はプロの左官屋さんであるお施主様自らの手仕上げによる中塗りと漆喰仕上げ。

ここまで手仕上げにこだわり、自然素材で作られた個人住宅を見たことが無かったので、自然素材が組み合わさって発するパワーに感動しちゃいました。

 

正直に告白すれば、僕自身住宅にさほど興味はなく、便利な駅前のマンション住まいが一番のお気に入りだったのですがソマが立てる土壁の家があまりにも素敵なのでこんな家に住みたいと初めて思いました。

 

ここまで天然の循環素材で仕上げるお客様のこだわりに脱帽です。

 

施主様のお仕事は広島県の離島 大崎上島で左官業を営んでいらっしゃいます。

僕も事務所を新設する時にはぜひともお願いしたいと思っています。

どろんこうさぎ

仕上げとテスト

屋根から煙突を室内へ下ろし、最後に本体と接続すれば煙突の繋ぎこみは完了です。

汚れ防止に巻いていたラップをお施主様にカットして頂きやっと本体が見えるようになりました。

この後ドアを組み付け、室内側の固定金具と天井の化粧板を設置して作業が終了です。

 

テスト

晩御飯のおかずをストーブのオーブンで作る予定なので、設置が完了すれば早速焚き付けを準備して頂き使用方法のレクチャーです。

経験が財産とは良く言ったもので、納品の場数を踏んで、お客様からのお問い合わせを踏まえてバージョンアップを重ねているので製品に関して不安は全く思い浮かんで来ません。

 

これが初期の頃だったら製品がしっかりと機能するのか?

煙突の接続は大丈夫なのか?etc…色々不安な妄想が頭をよぎって変な疲れ方をしちゃいました。

 

そんな感じで過去の自分を思い出しながら順調に温度を上げて行き、晩御飯の準備を行って行きます。

特にオーブンで焼いた鶏肉が秀逸で、プリプリの弾力が有るのにジューシーで若干の焦げ目を含めフライパンでは作り出す事の出来ない完璧な仕上がりでした。

 

その後オーブンでピザを焼いたり、天板でリゾットを作ったりと初日から大活躍です。

 

まとめ

晩御飯をご馳走になりながら、お客様がヒミエルストーブを選んでくださった理由を静かに語って下さいました。

  1. 暖房が出来て
  2. 広い天板でお料理が可能
  3. そしてオーブン付きの薪ストーブが欲しかった

今回は実物を見る事無くオンラインでの打ち合わせだったので、納品まで暖房の雰囲気や実際の大きさ等が分からなかったのですが性能に満足頂きました。

 

短い時間ですが実際に使ってみて

  1. 暖かい
  2. 燃費が良い
  3. オーブン、天板ともに便利に使える

等事前のご要望を全て満たしていると言って頂き感激です。

その後お客様からのメッセージを頂きました

この度はストーブの製作、設置までありがとうございました!!
翌日も火入れしてみましたが
やはりこのストーブを選んで間違いなかったと実感しました。
このストーブがもっと多くの人に知られたらいいなあと思います。

この時期でもちょい炊き調理ができて
使い勝手がとてもいいです。

 

いくら僕がヒミエルストーブは従来の薪ストーブと比較して便利なんですよ!

 

などと一人声高に呟いても便利と感じるポイントは実際に使ってみない事には伝えきれないし、実際に使ってみると他のストーブを使っていた人ほど違いが著明に分かる製品だと思っています。

 

後はこれから新築のお宅で毎日使い込んで頂き、冬季の必須アイテムとして愛用して頂ければ良いな。

こんな感じで、自分が作り出した製品でお客様が満足して下さる状況を経験できるなんて僕は幸せ者です。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© himiel stove , 2020 All Rights Reserved.