ヒミエルストーブ

特許取得済 cyclone stove®の記事はこちら

但馬地方へKD01を納品

 
この記事を書いている人 - WRITER -

2021年後半戦スタート初日にKD01を納品してきました。

過去の現場と比較して設置場所へのアクセスは抜群に良いのですが、初めて取り付ける形状の外気導入の配管や微差圧計の取り付けなど現状を確認しながら対応しなくてはならない事が多いので気を引き締めて臨みました。

設置

工場を出発する時の姿ですが、過去に比べて随分スッキリ収納できるようになりました。

工具も使う物が絞り込まれてきたので余計な荷物が減り、いつもより工具箱の隙間が大きくて何か忘れ物したんじゃないのかと心配になりました。

 

そして到着した今回の現場。

境内がすごく広い兵庫県豊岡市出石町「経王寺」さん。

 

幾つかある建物の1つ、お上人様の陶芸小屋にアプローチして荷下ろしを開始。

 

今回の納品に備えクレーンの強化改造を実施したので安心して床面まで荷下ろしする事が出来ました。

いつもは作業に没頭して写真を撮影する心の余裕なぞ一切ありませんが、今回はお上人様が作業を撮影して下さったので感謝です。

 

室内の設置場所まで移動した後、足場を組んで吊り上げて台車を抜きます。

前回まで吊り上げの治具をストーブへ固定するのに万力を使っていたのですが、クランプの掛かり代が少なくて落下の危険性があると感じたので今回から天板固定のネジを利用した専用吊り具を使っています。

効果は思いのほか高く、全く不安を感じる事無く落ち着いて作業に没頭できました。

単に時間を短縮して納品を目指すのであれば万力を使用する方が合理的かもしれないけど、まずは安全第一に確保しなければ取り返しのつかない事になるので少しでも不安を感じるパートは今後も改善して行きます。

 

この場合、不安を感じるセンサーが鋭敏でなきゃ改善のきっかけすら掴めないので気持ちを落ち着けて粛々と作業する事が大切ですね。

 

本体の上に布団を置いているのは、本体を養生してチェーンブロックのチェーンで傷つかない様に配慮してます。

 

おおよそのセット場所が決定すれば煙突を組み付けセンターを出します。

川原薪ストーブさんのブログを参考に、煙突センターだし治具を作って見ました。

 

φ150スパイラルダクトの蓋を煙突の筒にはめ込み、テープで止めるだけの簡単仕様。

亜鉛なので下げ振りをつける事が出来るのが便利でした。

 

下は単に蓋を載せているだけ。

上下で700円位だったかの治工具ですが、目で確認するより格段に便利でした。

 

この様に煙突のセンターを基準に設置場所を割り出します。

 

そして、煙突のセンターが移動しない様に気を配りながら床面の目地に対して並行になる様に位置を微調整しつつ、本体の水平もアジャストして行きます。

 

位置が決まり煙突を接続したら、床面へアンカーボルトで固定しました。

この作業の為にコードレスアンカードリルを新調しました。

有線だと室内をケーブルで汚してしまう恐れも有るし、電線が邪魔にならない様気を付けなきゃならないタスクから解放されたので買って良かったです。

 

通常の納品だとここまでの作業で設置は終了するのですが、今回は今からが大切な作業パートに入ります。

外気導入

煙突が2本並んでいるように見えますが、右は煙突、左は??

実は外気導入パイプになります。

 

平屋の真ん中に設置するので、屋根裏から吸気しています。

この方式は僕が調べた限り先行事例を見つける事が出来なかったので、まずはシステムが成り立つのかの検証を行いました。

誰もやっていない事を実験を行う事で解明するのが物作りの妙味だけど、多くの時間を費やすのでちょっと大変なんです。

 

こんな感じでサンプルを作り、そもそも屋根裏からの吸気が成り立つのか確認したのも、現場の下見に赴き、図面を作って大工さんに造作してもらうと後は修正が効かないので頑張って作図したのも今となっては良い思い出です。

 

全ての作業を終えて操作説明を始めたのが午後4時過ぎ。

焚き付けから巡行運転に入るまで2時間強しっかり説明させて頂きました。

 

お上人様は25年くらい薪ストーブの経験が有る方でしたが、説明が無ければ焚き付けから巡行運転に入るまでのコツが分からないとお話下さったのが印象的です。

そうなんです、単に設置しただけじゃなくて性能を発揮できる説明が有ってこその納品なので市販品の様に設置して、ちょっと火をつけてじゃ後はヨロシクとはいきません。

 

まとめ

今回はご要望項目が沢山ある製作だったし、要望を検証すための実験を何回も行った印象深い納品でした。

納品形態に至るまで何度失敗したことやら…

しかし、失敗が悪いわけでは全く無く、失敗を経験する事で進むべき方向性が見えてくるので結果を恐れず自分が進みたい方向へ歩みを進める事が大切だと強く感じます。

 

現地下見、改装設計、商品開発、システムの検証、納品という製品ライフサイクルの全てを滞りなく実施できた事が嬉しいし、何より施主様であるお上人様に満足頂いたことが今後の自信につながりました。

 

弊社は1つの納品にしっかり向き合う事で、他所では実施困難なカスタマイズにも対応可能です。

しかし、なにぶん1人で全てを賄っていますので納期が遅くなることが最大の弱点であると認識してますが、そこの所はご了承頂けますと幸いです。

 

今回のご縁に感謝!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© himiel stove , 2021 All Rights Reserved.