年末に納品予定の打ち合わせ

 

この記事を書いている人 - WRITER -

今年の年末に納品予定のお客様が仕事の都合で京阪神にお越しになったついでに工場へお越し下さいました。

木材を手刻みしながらの本格セルフビルドでカフェをオープンされる予定になっています。

そのカフェを冬の間暖める予定なのがヒミエルと言う訳です。

 

お客様は去年KD01初号機を見学下さった時に契約を頂き、納品はカフェの建築進行を見計らって設置する段取りです。

現在の予定では12月頃に納品予定なので、今シーズンにお使い頂く事が楽しみです。

煙突プランニングのコンサル

今回お越し下さった一番大きな理由は煙突施工の方法をコンサルする事でした。

セルフビルドで1棟建築する腕前なら、煙突施工も問題無いと思い知っている限りのポイントをレクチャーしました。

煙突の取り回しは、屋根抜きで1直線に5M弱立ち上げるフラッシング仕様だから、ストームカラーの防水や屋根板からの立ち上げ寸法などお伝えしました。

 

このように、本体をご契約頂いたお客様の技能をみて、大丈夫と判断すればセルフでの煙突設置にアドバイスする事も可能なので興味のある人はドシドシ質問して下さい。

 

そして、本体裏側のT管、ダンパーの加工など加工設備が必要で専門性が高い部品は本体とセットで納品するからお客様が一番負担の無いプランにお応えします。

 

ランチはチキンカツサンド

カフェを開業されるというお話しですので、実際に使って頂くイメージが湧くかと思ったので朝5時半起きで生地を作ってチキンカツサンドを作りました。

薪ストーブで作るピザの写真って結構インパクトがあって美味しそうに見えるんだけど、ピザはガーッと300度位の高温が発生すれば良いので結構簡単に作れます。

けれども、パンは概ね200度前後の温度を約20分間継続する必要があるのでピザのように高温短時間の調理と同じようには作れません。

 

けれども、ヒミエルは長時間一定温度に保つ事を非常に得意としているので全く問題無くパンを焼くことが可能です。 出来上がったパンにチーズを乗せて軽くトーストしました。

奥様はパンを焼くいた経験が何度もあると伺ったので、旦那様と技術的な話をしている間に奥様に生地の成形をお願いして出来上がったパンです。

実際に使って見て頂き、開業するカフェのイメージもより一層鮮明になるかと思いました。

まとめ

お客様に見学頂く1週間前にKD01の2号機がバッチリ完成して良かったです。

今回のお客様は本体とスライド管までは弊社で購入され、そこから先はDIYで設置するプランですがその様な場合もしっかりとサポートするのでご安心下さい。

今年の冬にまた1カ所ヒミエルユーザーが増える事が嬉しい。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© himiel stove , 2019 All Rights Reserved.