秋に設置する新築案件

 

この記事を書いている人 - WRITER -

現在工務店に製図を依頼している新築のお宅へ今年の秋に納品すべく打ち合わせを行っています。

今回設置する場所は雪の多い福井県なので、今年の冬にヒミエルを使い倒してほしいと思います。

 

注文住宅のリビング角地へ壁抜きで設置する予定ですが、最初の設計のままだと設置場所から45度の折曲げをつなぎ合わせて苦しい配管になるところだったけど施主様が工務店へ相談して頂き、柱の位置を変更することで理想的な配管を確保出来そうです。

 

このように、施主様が主体となって建物は工務店、薪ストーブは薪ストーブ屋に発注するのが最も理想的な進め方ではないでしょうか?

僕自身、せっかくご注文頂くのですから自分の出来る範囲で最高の完成をお客様へ届けたいと考えるので精一杯サポート致します。

 

これが工務店へ薪ストーブの設置までオールインワンでお願いすると、薪ストーブに詳しい工務店は少ないのでユーザーが本当に必要とする情報を持ち合わせていない場合が多く、薪ストーブ屋さんも工務店がお客様になるので指示されたプランを一層良くしたいと思ってもコストの関係で採用されない場合が多いと思います。

 

今週は北九州から新幹線で見学に来てくださる予定も入っているし、秋に向けて楽しくなりそうな予感かな。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© himiel stove , 2019 All Rights Reserved.