ヒミエルストーブ

特許取得済 cyclone stove®の記事はこちら

特注のイメージテスト

 
この記事を書いている人 - WRITER -

秋に納品するSD01は店舗スペースに設置するので今までとは異なる外観をご希望されてます。

基本的にカスタム可能なのは燃焼に関係しない部分だと追加費用が発生しますが柔軟に対応させて頂きます。

 

今回はドアハンドルと脚の変更をご希望されました。

ドアハンドルは過去の実績が有るので、それを元にご希望になる形状を決めればよいので問題無く仕様を決定する事が出来ました。

脚は本体のラウンドを保ったまま床に下ろす形状をご希望なのですが、その適切な幅が分かりません。

分からない時は何をするかと言えば

そう、実験です。

脚の幅を10㎝、5㎝、3㎝刻みで作りおおよそのイメージが掴めるように撮影し、後は施主様に選択してもらいました。

 

この様に意匠に関するパートは変更が簡単なのですが燃焼に関する部分は基本的に変更は不可とさせて頂いてます。

何度も言っていますが、空気の出入りをバランスさせて最適な燃焼が行う様に設定しているのでバランスを崩すとどの様な結果になるのか責任を持てません。

ヒートライザーの断面積が全てを決定するので、許容範囲を超える燃焼ガスを処理出来ないし少なくても非効率。

適切なドラフトが発生する事で最適な吸気も実現するので、簡単に燃焼室を大きくしたり本体の隙間を改造する事は非常にリスキーです。

 

それでも改造をご希望になられる場合は、全体図と部品図をご用意頂ければご相談に乗らせて頂きます。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© himiel stove , 2022 All Rights Reserved.