焚き付け時、煙逆流問題を改善する

 

この記事を書いている人 - WRITER -

ロケットストーブの弱点をご存じでしょうか?

形状によりロケットストーブの定義は様々なので、断熱2重煙突を機内に備え、発生した熱を180度方向転換してダウンドラフトしてから屋外へ排出する薪ストーブをモデルにします。

焚き付けが一番の弱点

ロケットストーブは発生した熱量の多くを暖房に使えるので熱効率を高める事が出来ます。

そのため、ロケットストーブマニュアル本にあるようにドラム缶で作ったストーブは横引きのヒートベンチなどが搭載されていますし

韓国のオンドルも、発生した熱量の多くを床の構造体に蓄熱するし、石で作ったメイスンリヒーターも石に熱をため込みます。

どの形状でも一旦暖まると躯体に蓄積された熱量が大きな浮力を生むので連続燃焼に問題が発生しません。

しかし、一番の問題は焚き付けの時なのです。

煙の逆流問題

一番の問題は煙の逆流では無いでしょうか

冷えた煙突内部に滞留している空気は冷たく重いのです。

焚き付けの時に、小さな炎で生み出した暖気で煙突内部の冷気を押し出す事が、上手な運用の第一歩なんですが、失敗すると煙が屋外へ排出されず室内逆流して猛烈な煙を吐き出します。

工場でも数回経験しましたが、しゃれにならない位の煙が薪ストーブ前面より排出されます。

理由は煙突内部の冷気を屋外へ押し上げる力が焚き付けに無くて、抵抗の少ない室内側へ煙が流れるからです。

燃焼室や、ヒートライザーと放熱部分の形状により逆流しにくい形もありますが、デザイン的に気に入らないので私は現状を活かしたベストな運用を探しました。

楽な点火を探す

煙の逆流が無くて簡単な点火を色々試した所、ガストーチで1分位予熱するのが一番簡単だと気付きました。

ですので、焚き付けに点火する前に1分位本体内部を予熱して、煙突トップまで暖気を通してから焚きつけに点火するように運用してから、煙の逆流に悩まされる事が無くなりました。

さらに改善

ガストーチでの予熱で煙の逆流問題が自分の中では終了したと思っていました。

しかし、納品したお客様から私が恐れていた逆流の対策をご相談頂いたので、予熱以外のもっと簡単で効果的な焚き付け方法を探さそうと思い立ち、煙突内部をダイレクトに予熱するアプローチを実験してみました。

ロケットストーブマニュアル本にも、焚き付けの時に煙が屋外へ排出されないのなら、煙突の真下で新聞紙などを燃焼させ煙突内部を暖めると良いと書いていたので、方法論的には問題なさそうです。

そして、トーチの差し込み口を本体に溶接して、フタにするキャップは12mmの鉄板から作り出して早速実験です。

1Mのシングル煙突を差し込み、バーナーを差し込み手をかざして上昇気流を確認しました。

たった1Mの煙突ですが、強力な浮力を感じたので成功でしょう。

次のステップは4Mのスパイラルダクトを接続して第2段階の実験です。

煙突の長さが長くなった分、浮力も大きいのかゴーッと良い感じに音が響き渡り、30秒くらい予熱した後焚き付けに点火するとあっけない位気持ちよく焚きつけに点火できました。

本体にバーナーを突っ込んで予熱すると、バーナーの熱が本体に吸い取られてしまいますが、煙突内部にダイレクト予熱すればとっても良い感じで焚き付けができます。

課題

しかし、課題が有ります。

それも大きな。。

煙突内部にはススが溜まるので、バーナーを直接突っ込むと言う事は放火している事と同義なので、安全上この状態で運用する事は出来ません。

万に一つでも事故が起こる可能性がある事を顧客にリリースする事など有ってはならない事です。

まとめ

今日の実験はここまでです。

実は煙道火災を避けて予熱する方法を考案済みなので、また実験します。

何か違和感を感じて対策を行い、そこでまた問題を発見する。

その積み重ねが物作りの醍醐味であり、個性が発揮されるポイントじゃないのかな。

 

使い勝手や安全性、暖かさなど、ちょっとした違和感や嫌な感じを鈍感に無視するのでは無く、敏感に感じ取り自分の中で納得するまで実験と検証を繰り替えす姿勢は製品を販売することより大切だと思います。

昔の私は、恥ずかしながらそんな事に無思慮で、とにかく売りたかった。

けれども、今は顧客の生活を豊かにするお手伝いの提案なので、自分の気持ちに嘘をついて中途半端な物を人様に納める事など言語道断です。

頭の中にある気になる部分は、放置すると取り返しの付かないしっぺ返しになって自分に返ってくるので、どんなに小さな事でも丁寧につぶしておかなければなりません。

 

翌日の追加実験

煙突の中に直接バーナーを突っ込むのは危険なので、昨夜思いついた改善策を早速実験しました。

方法は凄くシンプルに、長い筒を継ぎ足して熱風を煙突に送ると言う事です。

ハンディーバーナーの炎が煙突内部に到達しなければ良いので、パイプを継ぎ足すだけでOK。

効果の程は全く問題無く発揮できたので、今後はこの方法を推奨する事にします。

思いついた事をスグに実験するって大切ですね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© himiel stove , 2018 All Rights Reserved.