物が溜まって行く原因を分かっているのに一気に完結できません

 

この記事を書いている人 - WRITER -

先週から火が付いた断捨離の炎。今週は自宅でも挑戦しています。 

季節用品や今必要な物以外は思い切って捨てなきゃ!そういう決意で部屋を見るとゴミを大事に保存している自分に気がつきます。

仕事で作ったメモ書き図面の束や、10年位使っていないPCキャリーバッグ,買ってから1回も目を通すこと無く日焼けしている難しいタイトルの本etcどれも手元に無くて全く困らないのに

もしかして必要な時が来れば役に立つはず。そう自分に魔法を掛けて後生大事に保管していました。

そういった物品は今日の荒ゴミでまとめて成敗完了です。

今夜はとりあえず心理的ハードルの低い物から処分し、夏に向けて徐々にハードルを上げて行きます。

 

少しスッキリした部屋を見渡して、今までどれだけ要らない物に囲まれていたのか気がつきます。 

不要物を処分する事で、物に対する執着心や貧乏性が使わないモノをため込んでしまう原因だとはっきり自覚出来ます。

 

とは言え、これは年末までのクリーンナップ活動の序章に過ぎません。

ブログを書き終えた後は、今回捨てることをためらったモノを段ボールに集め、数ヶ月使う事が無ければゴミの日に処分すべく選別を行います。

大きなヤマは工場

自分の部屋は狭いし、基本的に本や紙類がメインなので簡単ですが問題は工場の整理です。

業務の幅が広いので、電気配線から油圧空圧制御、製缶など、仕事の都度溜まっていった部品を処分、若しくはしっかり整理整頓しなくちゃ行けません。

10年間くらい使っていない大きな治具なんか廃棄しても問題ないと思うのですが、それが無いと受注出来ない仕事があるので何でも思い切って捨てる腹が決まらないのです。

今まで6年掛けてため込んだ部品を僅か数日で処分する事は出来ませんが、自宅と同じ様に心のお掃除だと思って手放して行きます。

 

今日は、仕事で使う移動式の工具箱を整理しました。

もしもの時なんて今まで1度も無いのに、工具箱に沢山しまい込んだドリルやタップ、工具類を全て取り出し、絶対必要なモノ以外全て廃棄処分しました。

隙間だらけの工具台車を見て、今までどれだけゴミを大切にしていたのかまたもや気がつきます。

 

モノが多くて良い点

ここまで断捨離を賞賛しながらも捨てきれないのは、部品を在庫しておくメリットを感じる事もあるからなんです。

モノがあふれかえると保管場所にも困って、作業エリアが狭くなるのが難点ですが、工作を思いついたらスグにあり合わせの材料で何とか、形を作り出す事が出来るのがメリットです。

一々部品を注文したり買いに行かなくても、気が向いた時にスッと物作りが出来るのって気持ち良いと感じます。

 

とは言え、度を超えた収集癖は一旦お休みにして、後は有言実行でクリーンナップに励んでみます。

写真は引っ越して来た頃の写真です。

あの頃は広かったなー

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© himiel stove , 2018 All Rights Reserved.