2017/03/11

サイトをhttps化しました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

 

サイトをhttps化しました

沢山のブロガーさんが執筆されているサイト暗号化の記事を読み、いつか自分も挑戦してみたいと思いつつ失敗を恐れてhttps化への変更作業を放置していました。

httpsって?疑問に思う方はこの記事をどうぞ

今のところ個人情報やクレカ番号を取り扱っていませんが、https化に興味が有りました。

いつかやって見たいと思う反面、途中で失敗するとどうやって直して良いのか分からない、でも興味有ると言う無限ループを終了すべく、本日重い腰を上げて変更作業を完了させました。

結果

サーバーの処理待ち時間を除いたら小一時間で作業終了しました。

私自身なんの知識も無いので、二つのサイトを参考に、記事の通りに変更しただけでばっちりカギマークの付いたサイトに変更完了。

心配は杞憂でした。

simplicityわいひらさんの記事でほとんどOK

「ブログ https化」 で検索すると、2番目にヒットする寝ログの記事は私が使っているテーマの開発者わいひらさんの記事で最初から記事の手順通りに作業すると、あっという間に作業が終わりました。

この記事が無ければ明日は睡眠不足になってしまう所だったかも知れません。役に立つ情報をアップして頂き本当に感謝します。

特にプラグインのSearch Regexでアドレスを一括変換出来た事が時短にとっても役立ちました。

記事数が100ちょいなので最初はじっくり変更の確認をしていましたが、途中から面倒になったので、お勧めされていませんでしたが一括変換&保存で終了しました。

.htaccessにリダイレクト用コードの追記はこの動画

ブログマーケッター松原さんのテーマelefant説明サイトで、.htaccessにリダイレクト用コードの追記動画があり、寝ログ記事よりも簡単だったので動画を参考にリダイレクト用コードをサーバーパネルより.htaccessファイルに追記しました。

松原さん、本当にありがとうございます

たったこれだけの作業で安全性がアップ

2つの記事通りに作業すること小一時間。

テストを行うと、上手く行きませんでした。 

記事単体では問題無いのに、トップページに飛ぶとカギマークが付かないので、どうやらウィジェットのプロフィール写真が怪しいと当たりをつけて編集ボタンを押すと・・・ビンゴ。

プロフィール写真のアドレスをhttpsへ変更するとしっかりとカギマークの付いたサイトに変更完了しました。

後は、アナリティクスと、サーチコンソールの設定を寝ログの記事にしたがってサイトのプロパティを追加したり、アドレスを変更したりして終了しました。

まとめ

ロリポップは月額が250円と言う激安料金で、缶ビール1本と同じくらいなので文句は言えませんが、Xサーバーと比べるとアラが目に付きます。

サーバーの遅さに我慢してロリポップを使い続けていたら絶対httpsへ変更なんかしなかったと思います

https化する為にも引っ越して良かったです。独自SSLが無料なんて本当に有り難いです。

思い切ってhttps化に挑戦して良かったです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© himiel stove , 2017 All Rights Reserved.