出発の準備

 

この記事を書いている人 - WRITER -

今日は夕方からまとまった雨が降っていますが、明日から納品なので工場で出発の準備です。

丁度1年位前に長野県へ行ったのが初めての納品だったのですが、ストーブの固定方法やシートが動くと凄く面倒だと知らずに凄く疲れたけど

何度か納品を経験する事で馴れてきたのか、しっかりと固定できるようになって来ました。

 

先ず最初にホイストでストーブを積み込みます。 雨で濡れるといけないので木のパレットで浮かせます。

ストーブの上に付いているのが自家製の治具でこれが有るからホイストで直接吊り上げても本体に傷が付かないし、本体の固定や搬送にも活躍します。

そして、ストーブと付属品、道工具をまとめて大きなビニール袋で覆います。

吊り具には3カ所フックが付いているのでロープを使いなるべく前後の遠い所から固定して全く動かない様に完璧に固定します。

初めての納品の時は、勾配のきつい坂道で前後微妙に動いたので怖かったです。

ビニールのセットが終わるとトラックシートを掛けて2重目の防水にします。

これだけじゃ防水面積は全然足りませんが、最上部のブルーシートが破れることを防止します。

そして、一番上にブルーシートを被せて完了です。

シートが風邪になびいて動くと面倒だから、しっかりと縛り付けます。

この状態で高速道路を走行し、帰宅途中にガソリンスタンドに立ち寄り荷崩れの確認をしましたが、全く変化無かったので成功です。荷物が動く音も無く快適に運転出来ました。

僕は軽トラが気に入っているのですが、雨の養生が面倒なので幌を取り付けるか箱バンを買うのか今後忙しくなれば考えなければいけませんね。

 

エンスト発生問題も解決出来たことだし、明日は初日の宿泊場所である長野県まで向かいます。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© himiel stove , 2019 All Rights Reserved.