気持ちを変えるには行動が必要っす

 

この記事を書いている人 - WRITER -

金曜日の夕方はビジネスコーチとのセッションです。

ビジネスコーチって何ですか?と思われる方もいらっしゃると思いますので、今後書きます私が感じたビジネスコーチとのセッションの記録をお読みになって想像して頂ければと思います。

人から聞いた話なので確証はありませんが、人の顔が千差万別な様に、コーチによってスタイルも千差万別、相性や出会うタイミングなど運に左右される要素が多いとの事です。

そもそも私自身は一体何なのかよく分からないけれども、尊敬する経営者様方が皆口を揃えて「凄い」「出会っていないと想像すると怖い」「大きな声で人に教えたくない」とお話になるので、そんなに凄いのなら訳が分かっていなくても体験してみる価値があるんじゃ無い!そう思いコーチをご紹介頂いたのが今年の2月です。

最初は何を話せば良いのかさっぱり分からず、目標設定に基づく行動と心の動きを感じるワークなど、今まで考えたことも無い質問ばかり投げかけられるので最初の3ヶ月は正直苦しかったです。

夜明け前が一番暗いのと同じく、コーチも一生懸命エスコートして下さっていたと思うのですが、自身の心の扉を開く方法を持ち合わせておらず、物事を動かす大切な根っこの部分に焦点を合わせること無く、枝葉末節に固執していたと自認できます。

 一念岩をも通すと言いますが・・・

最近一つ大切な事を感じる事が出来る様になってきました。

創業する前、サラリーマン時代の私は、こうなれば良いと空想する事が出来ても、思いを持ち続けるだけで何一つ行動に移す事など有りませんでした。

そんな私に友人は、頭の中にある空想の段階では意図であり、意図を行動に落とし込んでこそ実現に近づく唯一の方法だと教えてくれますが、それでも一切行動を起こすことなど有りませんでした。

興味があって行動したいと言う思いが心に浮かんでも、それに釣り合うだけの出来ない理由や、心理的抵抗を自分で作っていたと思います。

 

しかし今は、いくら現状の自分を悲観しようが、将来の夢を見ようが、

心の動きを行動に変換しない限り何一つ変える事など出来ないと言うのが私の考えです。

簡単な図示では

心の動き→行動

となります。

諸説あろうかと思いますがコーチの見解では直接心を変える技は無く、自分で変える事が出来るのは行動だけだそうです。

そして行動変容を継続する事で、過去の連続とは異なる結果を感じる様になるそうです。

いまだその段階まで達しておらず、聞きかじりだけなので検証してみようと思いました。

大切なのは心根で

行動を起こす→気付く→修正

ループを回し続ける事により、心根を上げて行く事が可能になる・・・ようです。

私なりの行動変容

沢山の事を同時進行するのもしんどいので、先月から整理整頓を心がける様にしています。

先月の中頃、整理整頓がテーマだったブログを読み、なるほどそうだよねと納得してしまったので早速書斎の机周りから整理整頓を行いました。

最初は机の上からスタートして、本棚や大量の業務書類など、整理と廃却を繰り返すことにより以前と比べ見違える様にスッキリ出来る様になりました。

その後、自社工場の整理整頓に取りかかりましたが、5年かかって出来上がった混沌とした工場を短期間で改善する事は難しかったので、エリアを細切れにしながら整理整頓を継続しています。

整理整頓を継続する中で、丁寧な仕事の大切さや、物に対する執着がゴミをため込む原因になっていると気付くなど得る物が大きく

乱雑な状況が悪いのでは無くて、そんな状態を不快に感じない自分自身がおかしいのでは無いかと考える様になりました。

整理整頓や、勉強方法は相手がいないので、自分の意識一つ変えれば実現可能ですが、相手がいる場合はそう簡単ではありません。

事実なんて無いんだよ

コーチングを受けもう一つ学んだ事があります

今まで自分は、世界のあるがままを見ていると思い込んでいました。しかし現実は自分のあるがままを見ていると理解出来る様になりました。

ゴルフに例えると 同じコースでも

Aさんは素敵なコースだと感じ、Bさんは左が狭いと感じ、Dさんは右の坂が気になる。

コースは1つでも焦点をあてるポイントは人それぞれで、答えなんか無いんですよね。

ゴルフに例えましたが、ビジネスでも恋愛でも同じ様な話は沢山あると思います。

人と意見が違っているなんて当たり前で、違いを尊重して協業していく事で 

1+1=2プラスアルファのアウトプットが発生すると

「7つの習慣」を初めとする書籍や、ファシリテーション協会の基礎講習で学ぶ事ができます。

 

そんな当たり前の事は知っているし何を今更と、以前の私なら考えていましたが

知っているだけで何一つ行動に移す事は出来ていませんでした。

 

恥をさらしますが、以前のわたしは、周囲の人と雑談していても、いつの間にか自分の答えを押しつけていました。

なぜなら自分の意見が正しく、自分の正議論に囚われていたからです。

では、そんな自分の正議論に囚われている心を手っ取り早く、都合良く変える技が有るのかと言えば無いですし

できる事はただ一つ、「行動を変える」事です。

今まで長年染みついた行動をいきなり変える事なんか出来ませんが、他者との違いを受け入れ、目の前の人の物の見方を受け入れると言う目標を設定し、

行動を起こす事によって感じる心の動きが心地よい物なら、歩みは遅くても望む方向へ自分を導いて行くことが出来ると思っています。

まとめ

やるべき事が分かったのなら、後は実行するだけです。

(1)大切なのは、理解を伴った行動なので私の目標は整理整頓の継続

これは他者が関係しないので、私の決意一つで継続できます。 

 

(2)他者との意見違いを認めながらmore betterな関係性を築く練習を継続します。

相手がいるので、私の思い通りに行くことはないですし、気付いた時にはいつも通りだったと言う事も有るだろうけれど、

人は違って当たり前、その違いを意味付け無しに理解出来る事が出来れば大きな成長になると想像します。

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© himiel stove , 2017 All Rights Reserved.