2016/08/31

簡単だけど踏み切れない一歩を踏み出した話

 

この記事を書いている人 - WRITER -

woodland

朝8時の京都市バス車内にて

土曜日の朝、所用で京都に行ってきました。京都駅に着いたのが朝8時、まだ時間が早いのか観光客でごった返すバスターミナルも閑散としていました。

私は10時から旧武徳殿で始まる講習会に参加すべく、京都市内を巡回する206系統の市バスに乗ったのですが、うっかり目的地とは反対行きに乗った事に、1つめのバス停で気付いて、2つめのバス停で目的だった反時計回りのバスに乗り換えました。

京都駅2つ前の車内は乗客も少なく、私は乗車口にほど近い2名掛けの座席に座る事が出来ました。そして京都駅に着くと、沢山の人が乗り込んできて車内は多くの観光客でごった返していました。

バスが三十三間堂を過ぎた辺りから乗客が少なくなり車内も静かになってきた頃、乗車口付近で必死で英語版の路線図とiponeを操作する1人のアジア系女性が目に止まりました。

必死に路線図と、車内の掲示板をにらめっこして難しい顔をしていたので、勘の悪い僕でも行き先が分からず困っているんやろなーとおおよその察しは付きました。

 近くに立っている大学生位の男性に英語でなにやら質問しているけれど、男性は引きつった笑顔を返すばかりで会話が成り立っていないのは誰の目にも明らかでした。

すると、彼女は僕の横の座席が空いている事に気付いたのかサッと僕の横に座り路線図とスマホを交互に眺めながらアタフタしていました。

 

事前準備を活かそうか苦悩

僕は来年4月にアメリカで開催される石作りの薪ストーブのイベント、masonry heater annual meetingに参加したいと思い、参加するには英語が出来なきゃお話しにならないと考え今年の3月から英語の勉強を始めていました。

とは言え、中学英語すらまともに理解出来ていない僕は、公文式の英語を中学1年生課程からやり直し、ひたすら英文法とNHKのラジオ英会話に明け暮れていました。

そして勉強を続ける事約半年、以前に比べ中学レベルの文章理解は出来る様になりましたが、座学で学ぶ英語と実際の会話能力は別の力じゃないのかと、うっすら考える様になって、オンライン英会話や英会話サークルで実際に英会話を勉強して見ようかと考えていました。

先週読んだ英語勉強メルマガに、とにかく恥ずかしがらずに使わなきゃ絶対上達しません。あなたの一歩を進めるのは自分自身です。と書いていた記事を思い出し、座席の横に座っている女の子に助け船を出すべきか、はたまた無視を決め込むか。ちょっと悩みました。

会話の内容がわからんかったらどうしよう?

英単語なんか知らんし!

回りの人に見られるの恥ずかしい。

とネガティブな考えも浮かびましたが、エーイとにかく一歩踏み出そうと決心して女の子に声をかけました。

 

とっさの一言

May I help you?

と私が小声でつぶやくと、女の子は地獄に仏を見つけた様な表情でYes!!と返事を返して来ました。

私が逆の立場になり、海外で行き先を間違え、分からなくて困っている時に同じように声をかけてもらえれば藁にもすがる思いで返事するかと思います。

以下私なりの翻訳で進めます。

私「どこに行くの」

彼女「嵐山に行きたいけれど逆方向のバスに乗ってしまったの」

私「乗り換えればええねん、分かる?」

彼女「熊野神社前で乗り換え出来るみたい」

私「よっしゃ、僕もそこでおりるから一緒におりましょう」

彼女「バスの中で1日有効の1デイパス買えるかな」

私「運転手に聞いて見るよ」

乗り換え場所が確定し一安心したのか、おりるバス停まで少し雑談をしました。

彼女は、日本の人は英語で質問しても余り返事してくれないとか、北海道大学に留学しているとか話してくれ、僕は英語の勉強を始めて半年で通じているか不安でしたが向こうの努力もあり何とか会話が成立しました。

降車バス停から乗り換え場所が少し離れていたので、途中まで同じ道を歩き、50M東に歩いて道を渡ったらええよと案内して分かれました。

 

まとめ

あれこれ考える前に、先ずは英語を話したいと思う自分の思いをストレートに優先すれば良いのですが、それが難しいのです。

けれども、思い切って一歩を踏み出せて良い経験になりました。話しかけて見ればあっという間の出来事でした。

今日のラジオ英会話は今まで以上に集中してスキッドを音読出来ました。

何事も経験が大切で、頭が行動にブレーキを掛けてもとにかく一歩を踏み出す事がとっても大切だとおもいました。

英語の勉強しておいて良かった-。またこんな事があったら今回以上に話せるよう勉強ガンバろっと。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© himiel stove , 2016 All Rights Reserved.